インタビュー

浦崎庄平氏に突撃インタビュー!

浦崎庄平氏にインタビュー

育った環境を教えてください

大阪府大阪市出身。家族構成は父親、母親、姉、私の4人家族で、祖父から父の代まで電気工事の経営をしていました。
実家兼事務所でしたので、出入りする方も工事士が多く、それがきっかけでエネルギーに興味を持ち、エネルギー管理士を取得しました。

幼少期について教えてください

大阪を代表する「通天閣」、この天王寺界隈で良く遊んでました。
天王寺動物園や今宮戎神社など大阪の歴史を語るには、必ずこの周辺がポイントになってきます。

まあ面白いものがたくさんありましたし、あとお寺が多いです。
昔は、随分と栄えた歴史と由緒ある地域なんだろう、という事がわかります。
最近では大きな商業施設が立ち並び、界隈も随分ときれいになりましたね。

一番興味のあったことは何ですか?

両親が音楽好きで楽器を弾いたりしていたので、子供の頃からクラシックには親しんでいました。
有名な作曲家で一番初めに好きになったのはドボルザークで、「新世界」や「スラブ舞曲」が、私にとっての音楽鑑賞の原点でした。

小学生の耳には、とにかく力強くてかっこ良かった、その印象は今でもはっきり残っています。
その後大きくなるにつれ、色々な作曲家のものを聞くようになりましたが、今でもドボルザークは大好きな作曲家の一人です。

今は忙しくなったので、音楽鑑賞が専門ですが、小学校、中学校時代はピアノを弾いたり合唱団で歌ったりしていました。
数ある作曲家の中でも、特にブラームスが好きで、室内楽やシンフォニーも良いのですが、「ドイツ・レクイエム」は、学生時代に歌ったことがあるので良く聞いています。
細かいところまで良く覚えているのですが、聞くたびに新しい発見がいまもあるので、それがまた面白いです。

子どもの頃描いていた将来の夢は何でしたか?

音楽が好きでしたので、音楽の世界に入ることを夢見ていました。
ですが、高校に入る前に自分は演奏者としてレベルが高くないと感じてやめました。

今後、取り組んでいきたい事などありましたら教えてください

光栄なことに講演者として壇上に立つ機会も多くなってきましたので、言葉を大事にする人間になりたいですね。

豊かな生活を夢見て日々働いていますが、どうしても仕事に対する意識や人に対する思いやりが薄れがちの時があります。
仕事が楽しくなかったり、生活が思うように行かなかったりする時、成功したいという目標や希望を思い出すようにしています。

たとえば松下幸之助氏の「些細なことをおろそかにしない心がけが人生を大きな成功に導く」という言葉。

日々仕事をしていると、なぜこんな面倒なことしなきゃいけないんだ、と思う時や、毎日毎日こんな事して一体何になるんだろう、と思ってしまう時があります。
でも、この言葉は、成功したいなら些細なことにも全力で取り組め、無駄な事など何も無い、と背中を押してくれているように感じます。

環境問題の切っても切れない関係であるエネルギー問題。
日本のエネルギー自給率は総じて低い状況が続いておりますので、少しでも力になるよう地味に努力、講演活動を続けたいと思います。